動画を撮る楽しさとは

最近は非常にコンパクトサイズでも高性能を売りにしているカメラも増えていますし、スマートフォンや携帯電話からも手軽に動画を撮影できる時代になっています。
昔は動画を撮ろうと思えば、とても大きくとても重たいビデオカメラを用意する必要があって、撮ったデータはデジタルではなくて全てビデオで管理していたので、今のように手軽に動画を撮れるということは本当に便利でありがたいなと思います。
データもデジタルなので気軽にインターネットにアップロードして友達とシェアしたり、面白い動画を撮ることが出来れば不特定多数の人に見てもらって楽しんでもらうことも出来ます。 動画を撮るということは、他の人からの感想を得られたり、誰かに自分が撮ったものを見てもらうという喜びもあるのです。
また、動画をせっかく撮るのであればなるべく綺麗に撮れると嬉しいものです。 私はデジカメで動画を撮る時には、なるべく三脚を使って固定をするようにしたり、ズーム機能を駆使することが多いです。
ペットや子供などの動画を撮るときには暗いところではなく明るいところを選ぶようにすると、動きがあっても綺麗に動画を撮りやすくなります。
この前は花火を撮影しましたが、三脚を使ったので手振れする事無く綺麗に動画を残せました。

PR

ページのトップへ戻る