子ども達に動画を録らせる授業

海外で学校を運営しているのですが、たまに子ども達が興味が持てそうなことを取り上げて、授業で扱っています。
その中で特に評判がよかったのは、子ども達に実際にビデオを持たせて、動画を録らせる授業です。まずビデオの扱い方を教えて、それから、学校について紹介するビデオをグループで相談して録りました。どんな内容にするかは自分たちで話し合って、どうやってビデオを録るのかも、自分たちで決めるので、話す時間も増え、よりいいものにしようとみんなも力が入っていました。
録ったものを編集するのは、さすがに難しいので、イメージを確認しながら、私が編集するのですが、できたものはみんなで上映会をして、本当に盛り上がりました。自分達が録ったものが一本の動画になるのは、本当に不思議な気持ちというか、面白かったようです。確かに、バラバラに録ったものが1本につながるのは、嬉しいんだと思います。
上映会が終わった後には、子ども達も自分で撮ったという自信が出てきたのか、ビデオを借りて、家で家族の動画を録りたいという要望が多く、順番にビデオを貸していくことになり、みんな楽しんで、家族の動画を録ってきていました。私が編集に追われたのは当然なのですが、とても楽しい時間でした。

PR

ページのトップへ戻る